導かれて

教会報「野の花」に掲載された文章です。

どのようにして教会に導かれたのか、体験が語られています。


 

 「神様に出会って」 …一筋の希望…           K.S

 

 私が鎌ヶ谷教会の門をたたいたのは、今から14年前になります。それまでは無宗教でした。きっかけは、病気です。当時の私はパニック障害と乳がんを患っていて、人生に希望を見いだせず、苦しい日々を過ごしていました。           

 

 パニック障害は、今では周知されている病名なのでご存じの方も多いと思われます。夕方の混み合う電車に当時1歳と4歳の子供達を連れて乗りましたら、不安感からか途中で息苦しくなってしまい、大変苦しい思いをいたしました。それ以来、その経験が頭から離れず、怖くて外出ができなくなってしまったのです。特に、電車、人混み、エレベーターなどが怖く、乗ろうとすると、また、混雑する場所へどうしても電車で行かなければならない時などは、思うだけで身体が重くなり、まるで身体中に鎖がまかれているようになってしまうのです。

 

 それでも、日常生活は毎日続き、育児を通して知り合ったお友達に外出するお誘いを受けても心の病の事は話すことができず、その日は都合が悪くてとお断りするしかなく、断ることが苦痛で自分の方から少し距離をおいてしまうようになり、寂しい思いをしていました。この心の病のことは、心療内科の先生と夫にしか打ち明けられず、辛い思いをしていました。しかしながら、子供達は成長期、できない事にフタをして、どうしても行かなければならない時には、夫に足になってもらいました。

 

 そんな生活を送っている中、今度は、胸にしこりが見つかり、乳がんであることがわかりました。幸いにもまだ初期でしたので、手術、治療と行い経過も良かったのですが、治療後、孤独感が強くなってしまい、生きていくのがむなしくてむなしくて、なんで私ばかりこんな思いをするのかと、とても苦しくなってしまったのです。

 

 そして、この気持ちをなんとかしたいばかりに鎌ヶ谷教会を訪ねたのです。なぜなら教会は、どのような人にも平等に門が開かれているという認識が、無宗教の私の中にもあったからです。

 

 突然でしたが、藁をもすがる思いでドアを開け、教会の中に入りますと、牧師ご夫妻がおられ、「よくいらしゃいました。」と笑顔で迎えてくださいました。そのことがうれしかったのか、その日の説教をお聞きしながら涙があふれ出てしまいました。   

 

その後から、牧師先生より一週間に一度お葉書が届くようになり、葉書には「半年、一年とお続けください、必ずや聖書の語る真理におふれいただけると思います。」と書かれていました。

 

 真理!真理って何?私は、訳が解らないまま、真理の意味を知りたくて礼拝に通うようになりました。牧師先生より、「Sさん、アーメンの意味が解りますか?」「お祈りは、最初に神様の御名を呼び、最後に“イエス様の御名によって祈ります”と言うのですよ。」と、少しずつ神様のことを教えて頂きました。そしていつからか、私も聖書を開くようになりました。

 

 そうしたある時に、箴言のある一節に、目が留まりました。それは、

 

  『わが子よ、わたしの言葉に耳を傾けよ。

 

   わたしの言うことに耳を向けよ、

 

   見失うことなく、心に納めて守れ 

 

   それらに到達する者にとって、それは命となり

 

   全身を健康にする。』        (箴言42021

 

という御言葉でした。長い間、病気で辛い思いをしていた私は、健康になれる?神様の言葉を聞いて守れば?健康になれる?しかも聖書に書いてある!ならばこのことを心から信じてみよう、とその時に強く決心をいたしました。すると、どうしたことか、あんなに内向きで重たく暗かった私の心の中が開け、目の前にパァーと明るい道が示されたようで、生きる希望や喜びが湧いてきたのです。

 

 そしてさらに、礼拝の説教や基礎講座をとおして、私は、神様から愛されていたことや、『疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。』(マタイ福音書1128)という御言葉を知って癒されたり、お祈りによって神様に自分の思いを打ち明けられるようになりました。

 

 又ある時は、リディアの会にお誘いいただき、自分の当番の時などに、当時テキストに使っていた本に自分のこれまでのことを重ねて話し、今まで抱えていた苦しさをはじめて他の人にお話しすることができ、出席された姉妹方と分かち合うことができました。

 

 そんな教会生活での一つ一つが、時の流れの中で私の慰めとなり、身体中に巻かれていた鎖が少しずつほどけていきました。

 

 あれから、時がたち今でも教会生活を送らせて頂いていますが、当時のことを振り返りますと、『希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。』(ローマ書55)という御言葉がうかびます。

 

 あの時、あの御言葉を心から信じてみようと決心したのは、自分自身の気持ちであったように思っていましたが、実は、神様が与えてくださった聖霊によって、神様の愛がわたしの心に注がれていたのです。あの時、信じたことにより苦しみが希望へと変えられ、生きる力が湧いてきたのは、すべて慈しみ深い神様の御業であったことを知りました。


  

「人は変えられていく」           U・T

 

 クリスマスの祝会の中で証しをすることになり、何をお話ししたらよいかと、祈りつつ自分の歩みを振り返り、改めて随所随所に神さまが共にいてくださったことに気づかされました。

 その中から、私にとって深いかかわりのあった二人の人を紹介したいと思います。一人は高校時代の親友です。もう一人は私の父です。

 その親友は子どもの頃からハンガリーに住んでおり、日本の一般常識にとらわれないユニークな人でした。お父さまは作曲家バルトークの研究のため、家族を連れてハンガリーにいらした方でした。

 彼女の家には何度も招かれご家族と共に楽しい時を過ごしました。ハンガリーの民芸品がたくさん飾られ洋風のしつらえでしたが、仏壇のある家庭でした。

 高校卒業後、彼女は音大に、私は女子大に進学し、それぞれ違う道を歩んでおりました。

 私が社会人として過ごしていた時、「会いたい」との連絡を受けました。久しぶりに会った彼女はいままでと、どこか違った感じがしました。今思えば心が平安だったのだと思います。

 そんな彼女から音大卒業後、神学校に通っていることが告げられました。それを聞いた私は、ただただ驚くばかりでした。それからも、会う度に彼女は変わっていき、私も彼女のようになりたい、どうしたらなれるのだろうかと思いました。その後、お父様も彼女と同じ神学校に通われ牧師の道を歩むようになりました

 何がきっかけで教会に通うようになったのか、何が神学校に行こうと決心させたかは詳しく聞きませんでしたが、私の知らない所で色々な事を考え、求めていたのだと察します。その中で神さまにとらえられ、変えられていったのだと思います。

 次に、私の父のことをお話します。父も変えられた人であると実感しております。 

 父は両親、兄弟はもちろん、親戚にもクリスチャンの多い環境で育ちました。洗礼を受けていないのは私の家族ぐらいでしたから、常日頃から、祖父から教会に通い洗礼を受けて欲しいと言われていたようです。晩年、祖父は泣きながら、祈祷会でこのことを祈っていたようです。 

 しかし、父は職業柄、長期出張が多く、私が幼い頃は家に長くいたことがなかったように記憶しています。そんな多忙な日から解放され、定年を迎えた父は、それまでの思いがあったのだと思います。毎週欠かさず母と共に教会に通うようになりました。そして神さまの導きと憐みによって洗礼へと導かれました。その頃はもう祖父母は他界しており、この父の姿を見ることはありませんでしたが、きっと天国から喜んでいてくれると思います。

 父は寡黙で厳格な人でした。子どもの頃の私にとって、そんな父は怖い存在でした。しかし、教会に通うようになってから、変わっていったように思います。まるくなって、穏やかにうれしそうに話している様子は、娘の私にとってもうれしいことでした。

 今まで抱え込んでいた重荷をすべてイエスさまに下ろし、心が軽くされ、平安が与えられたのだと思います。人はこんなにも変えられるのだとつくづく思いました。

 私自身も変えられてきたと思います。傲慢で生意気だったと思います。悩み、不安にもとらわれやすかったのですが、振り返りますと、その弱さにこそ神さまが臨んでくださり、変え続けてくださったのだと思います。これからも変えられていくのだと思います。

 自分を変えたいという思いはあっても、自分ではなかなか変えられないのです。しかし、神さまがそれぞれの人にそれぞれの仕方で臨んでくださり、時を備え、変えてくださる。

 私たちは自分も隣人も「変えられていく」存在であることに希望をつないで、変えられることを恐れず、これからも励まし合い支え合っていく群れでありたいと願います。